自毛植毛のメリットとデメリットを知ろう

考える男性

薄毛治療には、様々な方法があります。その中で、最も有効的な治療法と言われる自毛植毛があります。それでは、自毛植毛とはどんな方法なのか?また、そのメリットやデメリットについてご紹介します。
自毛植毛の治療法は、外科手術によって自分の毛髪と頭皮を一緒に薄毛がある場所に移植します。術式は、メスを使うFUT法と直径1mm以下の細いチューブを使い毛髪と頭皮ごと抜き取るFUE法の2種類があります。
メリットとして、自前の毛髪を使って移植を行うので、拒絶反応が起こりにくく、安全性が高いです。また移植後に、毛髪が生着すると髪が抜けても、また生えると言った発毛循環が生まれます。そのため、移植後は普通にシャンプーするだけで、特別なメンテナンスを必要としない事が最大のメリットです。
デメリットとしては、自毛植毛は保険適用外の外科手術となるので費用が高額になります。移植する範囲によって料金は異なりますが、50万円位~100万円以上の費用がかかります。自毛植毛は、拒絶反応が少なく安全な治療法と言われていますが、まれに手術後、頭皮の痛みや傷の出血や腫れなどの副作用が出る事があります。
自毛植毛のメリットやデメリットについてお話してきました。自毛植毛は、安全性や生着の確実性は共に高いですが、費用が高額になる事や手術後に副作用が出る可能性ある事を理解しておきましょう。

おすすめの記事