自毛植毛が頭髪以外で出来るって本当?

サングラスをかけた男性

自毛植毛において、先天性の病気で後頭部の髪の毛が生えていない、もしくは後頭部の髪の毛が禿げてしまった場合は、脇、胸毛、すね毛などから移植することが、技術的には可能です。
ですが、不都合な点が何個かあります。それは一体なんなのでしょうか?
1つは毛の太さや毛が成長するスピードは頭髪と差異があるため、不自然な髪型になってしまうことです。縮れ方もそのまま反映されるので、変わった髪型になります。
2つ目は体毛は頭髪みたいに長く成長するわけではないので、自分がしたいと思う髪型の長さまで成長しない可能性があります。
3つ目は定着率が身体の部位によってそれぞれ異なっており、毛が抜け落ちるリスクも高くなる可能性があるということです。
これだけだとデメリットばかりのように見えますが、メリットも2つあります。
1つは前述したように病気や禿げで髪の毛がない人でも出来るということ。
2つめはヒゲが頭髪と似た性質であることから、ヒゲを用いた手術の場合だと、頭髪と一緒に生えてもあまり違和感のない髪の毛になります。
ただ、ヒゲもある程度の長さになったらそれ以上は伸びることがないため、髪型は短髪か坊主頭くらいしかパターンがありません。
よっぽどのことがなければ、普通の自毛植毛を受けることをオススメします。

おすすめの記事